アパマンショップダイワホームズグループ(兵庫神戸・三田・川西・伊丹・六甲道・宝塚・大阪梅田・野田阪神・北堀江)

お役立ち情報

賃貸Q&A

賃貸契約について

契約をして、引越しの手配まで済ませた後で突然契約破棄をされました。どうしたらいいですか?
正当な理由のない一方的な契約破棄なら、引越し業者へのキャンセル料などを含めて損害賠償を請求することができます。
ポイントとなるのが「カギ」。
すでに受け取っているのなら、そのまま引越しても法律上の問題はありません。
カギを受け取っていない場合は、代替部屋の紹介など、責任をもって対応してもらうようにしましょう。
法律上、カギを持っている者が部屋を「占有」できると考えられるので、その有無が文字通りの「カギ」となります。
契約が切れている事に気づかず住み続けていたら、半年遅れで契約更新の請求が来ました。
どうしたらいいですか?
契約期間満了後も住み続け、大家さんが何も申し出なかった場合には、「法定更新」が適用され、従来と同一の条件(賃料など)で契約が自動更新されたとみなされます。
法定更新は期間の定めのない契約ですから、貸主から契約解除を言われた場合には、すみやかに従わなければなりません。更新料を支払い、契約期間を定めた契約をしたほうがよいでしょう。
賃貸契約のとき、どうして連帯保証人の印鑑証明と実印まで必要なんですか?
連帯保証人になるということは、あなたが家賃を滞納した場合には代わりに支払わなければなりませんし、部屋を破損し貸主(大家)から損害賠償を受けた場合も、支払う義務が生じます。
連帯保証人には、そのような重要な役割があるので、本人の意思を確認する必要があります。認印の場合は、誰でも 押せますから連帯保証人になってくれる人の意思を確認できません。
したがって、印鑑証明と実印が必要なのです。
今のアパートを友人にまた貸しすることってできますか?
大家さんに無断でまた貸しをした場合、契約を解除され、部屋の明け渡しを求められる可能性があります。
アパートの賃貸契約は大家さんと借り手の信頼関係で成り立っているものです。無断で友人にまた貸しするなどの行為は、その信頼関係を損ねることになりますので、必ず、あらかじめ大家さんに相談しましょう。

契約内容と違う場合

「徒歩○分」と書いてあったのに、全然違いました。
歩分の算出は、不動産の表示規約に基づき80m=1分と定められており、信号待ちや坂道などは考慮されていません。個人差もありますので、賃貸物件の「徒歩○分」と、実際に歩いたときの所要時間が違うのはよくある話。
賃貸物件の「徒歩○分」と、実際に歩いたときの所要時間は付帯条件。自分の足で実際に歩いて、納得できる物件を探しましょう!
新築物件だったので完成前に契約しましたが、入居してみると間取図と少し違います。どうすればいいですか?
新築物件でまだ完成していなかったり、下見の時点で前の居住者が住んでいる場合、実際の間取りを自分の目で確認するのは困難です。条件のいい物件はどんどん借り手が決まるため、部屋を見ないまま決めてしまうケースも。
引越した後で間取り図と実際の部屋が少し違う場合もあります。店舗物件など、違いが実際の業務に影響するならば、契約を解除することもできますが、住むだけの賃貸物件の場合、契約を解除することは難しいでしょう 広さがかなり違うなら交渉の余地もあるかもしれません。用意した家具が収まらないなどの場合は、管理業者に相談してみましょう。
収納の奥に前の住人が残した粗大ゴミがありました。自分で処理しなければいけませんか?
前の居住者の家具や家電が処分されずに残っていた場合、早く自分の荷物を片付けるため、仕方なく自腹を切って処分する方がいます。その前に一度、管理業者に相談してみましょう。
「何もない状態で入居する」のが当然です。管理業者に処分を頼みましょう。また、一見ゴミに見えても、もしかしたら必要なものかもしれません。放置されていたとしても、勝手に人のものを処分したら、損害賠償を求められることもあります。
そういう意味でも、自分で処理せずに業者に任せてください
通信環境はブロードバンドという話だったのに、引っ越してみたらちがいました。
工事は予定だといわれたらどうすればいいですか?
物件の設備として広告などに記載されていたのなら、早く替えるよう要求することはできます。
文書ではなく口頭の場合は、工事するかどうかは家主次第。我慢できずに自分で工事するときは、部屋の中にある端子なども家主のものです。事前に許可を得ることが必要になります。
電話会社の局内工事だけで済むのなら、特に許可は必要ありません
自転車置き場はあるけど、置くスペースがありません。
引越してから「狭くて自分の自転車が置けない!」などと言っても、残念ながら具体的な解決策はないと考えたほうがよさそうです。
部屋の中はもちろん、建物の現状を理解した上で契約するのが前提です。自転車置き場があると言われても、それがどれくらいの広さなのか、自分のものも置けるスペースがあるのか、契約する前にきちんと確認しなければなりません。
広告に記載されていた築年数と違いました。法律違反ではないですか?
築年数の記載が間違っていたとしても、それが法律に触れるかどうかは微妙なところ。
自分の目で見て納得した上で契約することが前提です。後になって「築年数が違う」といって、例えば家賃の減額を要求しても通らないでしょう。
ただし、かなり古い物件を「新築」と偽られた極端な場合、明らかに故意なら話は変わってきます。

契約内容以外の疑問

恋人と一緒に住みたいんですが、大丈夫ですか?
借りたときにそんなつもりはなくても、好きな人ができれば、一緒にいたいと思うのは人情です。
しかし、一般的に契約では住むのは「当該者のみ」ということになっている場合、やはり勝手に同棲を始めてしまったら、契約違反となります。でも、家主も「強制退去!」なんて言うわけにもいきませんので、二人で住みたいということになったら、正直に届け出て、相談したほうがいいでしょう。
女性専用の物件に男性が住む、独身専用の物件で同棲するのは問題ですが、そうでない場合は管理業者と家主と話し合うのが先決です。
部屋のリフォームはどこまで可能ですか?
少しでも和める空間にしようと、リフォームに憧れる人も多いはず。しかし、賃貸物件の場合、大がかりなリフォームはできないと考えたほうがいいです。
壁紙を張り替えるだけでもNG。簡易的な模様替えなら可能ですが、借りた時の状態を壊さないこと。退去時に、借りた時の状態に戻すことが条件ですので、インテリアで変化をつける方向で考えましょう。
エアコンをつけるときも、エ事が必要になるので必ず許可が必要です。その際、退去時にもとに戻す必要があるかどうかも確認しておきましょう。もとに戻さなければならない場合、そのためにかかる費用は借主が負担することになります。
ペットを飼いたいのですが、飼っても大丈夫ですか?
一人暮らしは寂しい。家に帰ったとき、一緒に暮らしているペットがいるだけでずいぶんと心は和むものです。だからといって「ペット可」の物件以外で、しかも無許可で飼ってしまうのは、やはりマズい…。
仮に飼ってしまった場合、管理業者や家主から、「契約違反だから出ていってくれ」と言われても仕方ありません。場合によっては、契約を解除されることも考えられます。
最近は「ペット可」の物件も増えているので、まずはそうした部屋を探しましょう。
ピッキング対策でカギを替えたいのですが、無断で替えてもいいですか?
物騒な世の中、高級マンションだけでなく、一般的な賃貸物件もピッキング強盗と無縁ではありません。その対策として最も手っ取り早いのはカギの交換。
勝手に交換すると「他人の物を壊した」ということになってしまいます。カギは管理上の意味もあり、必ず家主、または管理業者のところにもなければならないものですので、勝手に替えるのは厳禁です。 ピッキング対策としてカギを交換したいと思われた場合、まずは家主、または管理会社に相談しましょう。

まさかの事態の場合

アパートの南側にマンションが建って日が当たらなくなりました。
建築法規に日照権という権利があります。日照権とは一定時間以上の日照を確保する権利で、賃貸住宅にもあります。
基準は各地方自治体ごとに条例で定められており、その基準以下であれば、原因となったマンションの管理業者を相手に損害賠償を請求することもできます。行政指導という形をとることもできます。
引越し後に、以前傷害事件があった部屋だと判明しました。どうしたらいいですか?
傷害事件や自殺騒動があった部屋、いわゆる「いわくつき物件」なら、進んでその部屋を借りる人はいないでしょう。横浜の分譲マンションで、自殺があったことを知らされなかった購入者が訴訟を起こした事例がありますが、結論は原告の勝訴で解約、そして損害賠償が認められました。
分譲物件と賃貸物件の遣いはありますが、問題の根は同じ。このようなケースの当事者となったら、最寄りの法律相談所などに連絡してみましょう。
引越し業者が移動中に事故。荷物が壊れたらどうなりますか?
引越し中の事故や運送車の急ブレーキが原因で荷物の一部が破損した場合、引越し業者から弁償などの対応をしてもらえるはずです。
しかし、たとえば、2年前に20万円で買ったテーブルがあったとして、壊れたから20万円返ってくるというわけではありません。お金に代えられないもの、例えばアルバムなどが紛失、焼失した場合は、交渉の上で、相応の慰謝料という形で支払われます。それから、後日開けてみたら壊れていた、というケースもあります。
できるだけ引越し当日のうちに荷物が破損していないかチェックをしましょう。
引っ越し先の新築アパートが入居日になっても建築中でした。引越しが出来ないのですが。
管理会社や大家さんに相談し、現在住んでいるアパートの引渡し期限を延長してもらえれば良いのですが、次の入居者が決まってしまっている場合はそうはいきません。
当然、今のアパートを退去してから、契約したアパートが完成するまでの期間、別の住まいを探さなければなりません。ただし工事が遅れたために発生した家賃や引っ越し代金などは、管理業者などに請求することができます。
建築中の物件を契約する際は、完成予定日をよく確認しておきましょう。
ピッキングで空巣に入られた!大家さんに責任を追求できますか?
借りている部屋の管理責任は借主にあります。
部屋に空き巣が入ったとしても原則として大家さんにその損害賠償を請求することはできません。しかし、建物の管理責任は、大家さんにあるので、その管理上の過失により被害を受けた場合には、損害賠償を請求することができる場合もあります。
たとえば、鍵が壊れていて直すように依頼していたのに対応してくれなかった、などの事情があった場合です。よって、明らかに大家さんの過失が無ければ責任の追及は難しいでしょう。