アパマンショップダイワホームズグループ(兵庫神戸・三田・川西・伊丹・六甲道・宝塚・大阪梅田・野田阪神・北堀江)

お役立ち情報

お引越しのヒント

引越し方法を決めよう

自分に合った引越し方法はなんだろう
無事住む場所が決まって、ほっと一息。と言いたいところですが、まだまだ大仕事「引越し」が残っていますね。しかし、効率良い引越しの方法を知っておけば、ムダが省け、少しは安く楽にすませられるかもしれません。まずは、自分にあった引越し方法を見つけ、賢く引っ越すノウハウを学びましょう。ここでは「引越し専門業者に依頼」「荷物が少なければ単身用プランを活用」「自分でなんとかする」の3つの方法をご紹介します。
【1】引越し専門業者に依頼
費用はかかりますが、プロに任せることで、破損などの不安はなくなります。万が一マンションやアパートに傷をつけてしまえば、その修繕費用だけでも結構な金額がかかってしまいます。まずは、何社かの引越し業者に見積もりを早めに依頼しましょう。荷物の搬出・搬入だけのプラン、梱包からお任せプランなど、いろいろなプランがありますので、良く調べてみましょう。最近では一人暮しの方向けのプランなども豊富です。ダンボールは業者から購入することもできますが、スーパーやコンビニからもらってくれば、節約になりますね。そして、自分で荷造りできるものは、前日までに用意しておきましょう。
【2】荷物が少なければ単身用プランを活用
一人暮らしなどで荷物が少ない場合は、引越し専門業者や宅配業者の単身用プランを活用するといいでしょう。単身者プランなら、専用のBOXに荷物をまとめるなどして、他の荷物と同じトラックで移動するため、トラック1台を貸し切るよりも格安の料金で引越しすることができます。 荷物の量に上限があり、それを超える場合は追加料金が必要となるので、見積り時に業者によく確認することが必要です。また、単身用プランの場合比較的近距離の引越しでも配達が翌日以降になるケースもあります。ゆとりをもった引越しプランを立てましょう。
【3】自分で何とかする
「とにかくお金をかけずに何とかしたいっ」という人には「自力で引越し」という手段もあります。レンタカーや友人の手を借りるので、お金はそれほどかかりませんが、はじめての引越しには、梱包などを要領よくこなすのがなかなか難しく、手間がかかります。経験者の方を助っ人として呼ぶことが必要となってきます。また、荷物によって借りる車の種類は変わってくるので、きちんと荷物の量を把握して車を借りましょう。

引越し見積もりのポイント

効率の良い見積もり依頼のコツ
さっそく引越し業者さんに見積もりを依頼してみましょう。なるべく3社以上に見積もりをとるのがベター。インターネットや電話で見積りができる引越し会社も増えていますので活用してみましょう。
引越し料金はこれで決まる
料金を左右する「見積もりポイント」は次の4つ。しっかりチェックして上手な見積もりを行いましょう。

(1)引越し希望日

まずは引越し希望日を伝えます。春や秋は繁忙期なので、希望の日時がとれないことも。また、平日に比べ土日祝日の方が割高になる業者もあるので注意が必要です。

(2)荷物の量

荷物の大まかな量を伝えます。普段生活している状態で見積もりに来てもらえばOK。ただし、その前に処分できるものは処分しましょう。荷物を減らすことが費用削減につながります。

(3)移動距離

どこからどこへ移動するのかを伝えましょう。転居先住所はもちろんのこと、階数・エレベーターの有無とサイズ・建物が面する道路の幅・車を停められる場所から部屋までの距離などできるだけ詳しく業者さんに伝えましょう。

(4)作業人数・サービス内容

どこまでのサービスを業者さんに依頼するのかも決めておきましょう。おまかせパックのようなものにするのか、荷造りは自分で行うのか、サービス内容が違えば作業人数に違いが出てきます。よって料金も大幅に変わってくるので、業者さんとよく相談しましょう。

引越しスケジュールの立て方

1~2ヶ月前

現在の賃貸を解約

現在の住まいが賃貸の場合は、大家さんに解約の旨を申し出なければなりません。何ヶ月前までに申し出をしなければならないかは大家さんによって違いますが、最悪でも1ヶ月前までに申し出たほうがよさそう。申し出が遅れると、余計な家賃出費が発生することもありますので注意しましょう。

引越業者の選定

インターネットで「引越し一括見積もりサービス」を利用すれば、見積もりも簡単です。土日は混雑が予想されるので、引越し日が決まったら早めに予約を取りましょう。

3週間前

梱包素材の調達

まずは梱包資材を調達することからスタート。ダンボールは近所のスーパーなどからもらえば節約になります。無料で譲ってくれる引越し業者さんもあるので、聞いてみましょう。あとは新聞紙(約1ヶ月分)、ガムテープ・ひも類、ビニール袋・はさみ・カッター・軍手・ぼろ布、筆記用具などを用意しておきましょう。

2週間前

使わないものから箱詰め

季節外の服、本やビデオなど趣味のものや、なくても困らないものなどから荷造りをしましょう。また奥の部屋から始めるのが基本。玄関近くで作業をすると邪魔になります。リストをつくりながら、箱の内容と新居のどの部屋に置くかを書いておくと後で楽。見やすいように、新居の間取図を大きめに作成し、荷物の配置を記入しておくといいでしょう。

1週間前

キッチンの片付けを開始

そろそろ食料品は食べきることを頭に置き、それ以上は購入しないように。調味料や調理器具など、引越しまでに使わないものは箱詰め開始。食器類も、毎日使う物を除いて梱包し始めましょう。

電話・ガス・水道・電気会社への連絡

各営業所へ連絡します。サービスの停止や開始には立ち合いが必要な場合もありますので、早めに日程を決めましょう。

引越し前日

冷蔵庫・洗濯機の水抜きと最終荷造り

冷蔵庫の中身を全て空にして、電源を抜きます。洗濯機の水も抜いておいて。引越し当日に必要なもの以外は全て梱包。

当日の手荷物も準備

当日に携帯するバックをひとつ用意しておきましょう。バックには当日必要な財布などのほかに、貯金通帳や印鑑などの貴重品も入れておきます。引越し日当日はバタバタと慌ただしくなるもの。そういうときだからこそ貴重品の管理はいつも以上にしっかりと!

引越し当日

最終チェックでいざ引越し

残った食料品は処分。身のまわりの物や貴重品などをバックに詰め別にしておき、他はすべて運べる状態にして引越し業者さんを待ちましょう。作成した配置の見取り図は、新居の入り口付近など目に付く場所に貼ると便利です。

お役立ち引越し梱包テクニック

ダンボールの組み方
ダンボールの組立ては、底の部分を順番に組み込んでガムテープなしで仕上げる方法はダメ。すぐに底が抜けてしまいます。箱の底には必ず補強のガムテープを。できれば箱の底に十字にガムテープを貼るとより一層強化されます。ダンボールの大きさも、数種類用意しておくと便利です。また、書籍なども紐がけだけで済まさず、ダンポールにきちんと詰めましょう。
食器などの割れ物の梱包
お皿は直接重ねないで1個ずつ新聞紙などで包みます。そしてダンボールの底にクッション材を敷き、縦に並べて詰めましょう。コップも同様にひとつどうしても隙間ができてしまうときは、隙間に丸めた新聞紙を詰めておくのがポイント。また、刃物は刃の部分を厚紙で巻いてテープで止めておきましょう。
大型家具・家電の保護
業者に依頼をしない場合は、家具などの大きな荷物を運ぶのがいちばんの困難。よくあるのは運んでいる途中に壁や扉にぶつけること。家具が傷つくのも気分が悪いですが、廊下やエレベータなどの共有部分を傷つけるのも問題。そんな場合に備えて、家具などには毛布をすっぽりかぶせておきましょう。これなら、少しかすった程度で傷がついたりはしなくなります。
布団の梱包
布団はたたんで風呂敷で包むか、布団ケースに入れましょう。風呂敷も布団ケースもないときには、シーツで包むんでもOK。また、布団にクッション性があるからといって、布団に割れ物を包んでしまう人がいますが、それは危険ですのでやめましょう。
パソコンの梱包
購入したときに入っていた箱に入れて運ぶのが一番安全ですが、箱は捨ててしまったという人も多いのでは?その場合は、エアーキャップや、厚手のバスタオルなどを頑丈に巻きつけて、十分注意して運びましょう。どうしても心配な場合は、業者に頼めば、専用の箱に入れて運んでもらうこともできます。もちろんデータのバックアップは必ず取ってくださいね。